まだダイエットで消耗してんの?

脂肪溶解注射の効果は?脂肪吸引のほうが確実に痩せられる?

 

あなたは自分が痩せるための選択肢がどれだけあると思いますか?

食事制限や有酸素運動といったダイエットはもちろん選択肢に入っていると思いますが

脂肪溶解注射という選択肢を考えたことはありますか?

 

今回は理想の体を手に入れる為の選択肢を紹介したいと思います。

 

 

脂肪溶解注射とは

脂肪溶解注射(メソセラピー)についての基礎知識を紹介したいと思います。

 

脂肪溶解注射とは、1950年ごろにフランスで開発された痩せるための選択肢の1つであり

世界19か国で認められている治療法です。

 

注射によって薬剤を注入し脂肪細胞を溶かすことで

痩せたい部位の脂肪を落とすことが出来ます。

 

施術時間も5分、10分で済むことが多く

気軽に施術を受けることが出来る治療法です。

 

 

 

体に負担をかけずに痩せることが出来る

脂肪溶解注射は痩せたい部分に注射をするだけで脂肪を落とすことが出来る治療法です。

施術後には多少の腫れはありますが、私生活を問題なく過ごすことが出来ます。

 

脂肪溶解注射の脂肪を溶かす薬液は「フォスファチジルコリン」と呼ばれており

この薬剤は米国食品医薬品局の認可を受けている信頼性の高い薬です。

 

体に負担をかけることなく痩せることが出来るので

日本でも体験している人が多数います。

 

 

1回あたりの治療費は3万円が相場

気になる脂肪溶解注射の金額ですが、治療費の相場は3万円前後です。

1回あたり3万円前後なので

1年間、脂肪溶解注射を実施するとなると年間36万円ほどかかることになります。

 

 

1回あたりの金額を見ると安いように思えますが

しっかりとした効果を得ることが出来ない場合もあるので

コストパフォーマンスは良くないかもしれないです。

 

 

脂肪溶解注射のデメリット

良い事が多く見える脂肪溶解注射ですが

実はデメリットも多くあるのです。

 

良い面だけを見るのではなく悪い面もしっかりと確認して

痩せるための選択肢として考える必要があります。

 

 

時間がかかる

顔の一部や少したるんでいる二の腕の脂肪を溶かすといった施術であれば

直ぐに効果が表れますし施術に時間がかかりません。

 

しかし、大量の脂肪がたまっている腹部や太くなった足を脂肪溶解注射で

痩せるためには数度の施術を行う必要があり非常に時間がかかります。

 

短期間に太っている個所を痩せるために

脂肪溶解注射を選択するのはあまりオススメ出来ません。

 

 

リバウンドの可能性がある

脂肪溶解注射は脂肪細胞を溶かすことで部分痩せ等の

理想の痩せ方を実現させることが出来る治療法ですが

リバウンドの可能性があります。

 

暴飲暴食や偏った食事を続けていると、残っている脂肪細胞が大きくなり

いつの間にか元の太った体に戻る可能性は十分にあります。

 

脂肪溶解注射によってお腹や太ももなどを痩せるためには

多い施術回数と時間を要するので時間がかかっている間にの食生活によっては

全く効果が得られないことがあります。

 

(少し痩せても、次の施術までに脂肪が大きくなると同じ大きさに戻るためです。)

 

 

 

1回あたり3万円でも回数を重ねると高額になる

脂肪溶解注射の施術費用は1回あたり3万円が相場です。

安く思えますが、1度で大きく痩せることは難しい脂肪溶解注射で

お腹やふとももを痩せようと思うと回数が嵩むので多額の治療費になってしまいます。

 

脂肪溶解注射でお腹全体を痩せようとすると注射の本数は

上腹部、下腹部、脇腹にそれぞれ3,4本が目安となっているようです。

 

最低でも9本、つまり27万円かかることがあるのです。

リバウンドの可能性があることを考えると、

とても財布から出せる金額ではないと思います。

 

 

脂肪溶解注射よりも脂肪吸引がおすすめ

痩せるために選ぶことが出来る選択肢には脂肪溶解注射だけでなく

脂肪吸引という方法があります。

 

確かに脂肪溶解注射では針を入れるだけで脂肪を溶かすことが出来ます。

医師の腕前や薬剤の質によっては効果がまったく出ないことがあります。

 

高いお金を払っているのに、痩せることが出来ない可能性がある脂肪溶解注射よりも

私は確実に痩せることが出来る脂肪吸引がオススメです。

 

リバウンドの可能性が低く、確実に痩せることが出来る

脂肪吸引は1度の施術で脂肪細胞を超音波や薬剤によって溶かし

吸引することにより確実に痩せることが出来ます。

 

脂肪細胞をその場で吸引している為、体内に吸収されるのを待つ必要もなく

施術を行ったその瞬間に痩せることが出来ます。

 

脂肪細胞が大幅に減るためリバウンドの可能性も非常に低いので

痩せるための選択肢に確実性を求めている人にオススメだと思います。

 

長期の治療は必要なく短期間で痩せることが出来る

脂肪溶解注射は部位によっては1回の施術あたりの

注射本数が決まっていることがあり(クリニックによって差があります)

それに加え、脂肪が吸収される時間がかかるので1度の施術だけで

劇的に痩せることは出来ません。

 

脂肪吸引は施術当日から痩せることが出来

ダウンタイムを待つだけで理想の体を手に入れることが出来ます。

時間もかからず、筋肉痛のような痛みを我慢するだけで

短期間で確実に痩せることが出来るのです。

 

 

どちらを選ぶかはあなた次第

痩せるための選択肢は沢山あるので

脂肪溶解注射と脂肪吸引のどちらを選んで痩せるのかはあなたが選ぶことです。

 

どちらにも利点があるのでよく考えてみましょう。

 

脂肪溶解注射はお金の無駄になる可能性がある

脂肪溶解注射は1回の施術代が3万円程度と安いので

気軽に受けることが出来るというメリットがあります。

 

しかし、部位によっては本数が増えて予算がかさむ可能性があるため

トータルでかかった施術費が驚くような金額になることがあります。

 

また効果が出なかった時やリバウンドしてしまった時に

今までの施術費が無駄になる可能性があります。

 

脂肪吸引は脂肪溶解注射よりメリットが多い

脂肪吸引は脂肪溶解注射と比べて1回あたりの施術費が高いように思えますが

それ以上にお金がかかるケースは少なく、1度きりの施術で確実に痩せることが出来ます。

 

理想のボディラインを伝えることで

理想を考慮した脂肪吸引法を実施してもらうことも出来ます。

 

痩せるための選択肢としては、私の中で一番のオススメです。

 

 

まとめ

痩せるための方法は沢山ありますが、最も経済的で

確実に痩せることが出来る方法は脂肪吸引だと思います。

 

世間ではハードルが高いように見られていますが、実際にそんなことはなく

やってみると確実に痩せることが出来たし満足のいく施術でした。

 

ちょっとでも脂肪吸引に興味があるなとおもったら

私の体験談を少し覗いてみませんか?